マイナチュレ育毛剤 副作用 成分

マイナチュレ育毛剤の副作用は?!成分を調べてみました。

マイナチュレ育毛剤を使うことで、考えられる副作用を調べてみます(^_^)

 

まず、マイナチュレ育毛剤に配合されている全成分は下記の通りです。←公式サイトの部分をコピペしました(^_^;)

 

 

●有効成分
センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロール
●その他の成分
プラセンタエキス (1)、サクシニルアテロコラーゲン液、水溶性コラーゲン液 (3)、ヒアルロン酸ナトリウム (2)、プルーン酵素分解物、ユキノシタエキス、海藻エキス (1)、シルバーバイン果実エキス、ウメ果実エキス、カンゾウ葉エキス、イザヨイバラエキス、エイジツエキス、テンニンカ果実エキス、スターフルーツ葉エキス、イチョウエキス、アシタバエキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス (1)、カモミラエキス (1)、ビワ葉エキス、ジオウエキス、ヒオウギ抽出液、水素添加大豆リン脂質、L- ピロリドンカルボン酸、L- アルギニン、L- アラニン、L- アスパラギン酸、大豆たん白水解物 (2)、L-セリン、L- バリン、L- プロリン、L- スレオニン、L- イソロイシン、L- ヒスチジン、L- フェニルアラニン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ラウリルジメチルアミンオキシド液、濃グリセリン、キサンタンガム、1,3- ブチレングリコール、乳酸ナトリウム液、DL- ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、水酸化ナトリウム、グリシン、N- ラウロイル -L- グルタミン酸ジ(フィトステリル・2- オクチルドデシル)、馬油、無水クエン酸、クエン酸ナトリウム、無水エタノール、フェノキシエタノール、エタノール、D- パントテニルアルコール、精製水

 

まず、有効成分の
センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
酢酸DL-α-トコフェロールですが

 

これらは、育毛効果のある成分として
厚生労働省の認可を受けているものになりますので
安全性は高いと思います。

 

センブリエキスは、天然成分のもので

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症効果があり
敏感肌化粧品などにも配合されている成分ですし、

 

酢酸DL-α-トコフェロールは合成ビタミンEで
血行を促進してくれる作用があります。

 

上の成分の中で赤い文字が
油分と水分を混ぜるための乳化剤であったり
腐らないようにする防腐剤だったりします。

 

逆に言うと、その他は美容成分であったり、保湿剤であったり、育毛成分であったりするので
化学成分がどれだけ最低限に抑えられているかが分かるかと思います。

 

化粧品を作るのに、化学成分一切抜きはかなり難しいです!!

 

というのも、化粧品とは、水+油分+美容成分で作られていますが
普通にこれらを混ぜたとして、混ざりませんし、防腐剤抜きですとすぐに腐ってしまいます!!

 

問題は、どれだけその化学成分が配合されているか?!ということなんですね。

 

こういった成分表ですが、「配合量の多い順に記載する」というのが、ルールとなっていて、
赤い文字の化学成分はほとんど後半に固まっているのが分かると思います。

 

つまり、マイナチュレ育毛剤では、
本当に最低限しか使われていないということです!!

 

美容成分に関しても、ほとんどが天然由来の成分と言うことで
これで肌荒れを起こすのは本当にまれだと思います。

 

この育毛剤自体、敏感肌やアトピーの方でも安心して使えるように
かなり低刺激に作っているということなので、結論としては、副作用を起こす可能性は低いと思います(^_^)